• HOME
  • ブログ
  • 「わさまち」に行って参りました!

カンパイ!広島県 ブログ

  • カンパイ!広島県事務局

    投稿日 2015年05月01日

    「わさまち」に行って参りました!

    わさまち01
    押井でございます。
    4月29日(水)、北広島町大朝で開催された「わさまち」に行って参りました。
    この春、北広島町に誕生したキャラクター「花田舞太郎」くんも、必死にきたひろ音頭を踊ってらっしゃいます。

    歴史のある、山里の春まつり
    わさまち02

    文化11年(1814年)にこのあたりが大火災にみまわれて以降、火災削除、火守の神さまとして、大朝商店街の外れにある愛宕神社を崇拝するようになりました。このお祭りは、愛宕神社の春祭りとして、毎年この時期に盛大に行われるようになったとのことでございます。
    当日は、わさ~る産直館前の広場をメーン会場として、さまざまなステージ、神楽、手づくりバザーなどが催されておりました。

    道路も川も遊びのステージ
    わさまち03

    このお祭りのいいところは、そのほとんどが町内に住む方たちの手づくりのイベントだということ。春山菜の天ぷら、猪肉を使ったわさバーガー、きたひろ焼き麺など北広島町ならではのフードはもちろん、ステージも路上イベントも全て町の方たちが主催されます。
    「道路で遊ぼう」と銘打って、自転車遅乗り競争、タイヤ投げ選手権などで盛り上がり、スキーパーク寒曳からは、特設のジャンプ台が登場。ワンメイク大会も行われておりました。
    また、会場前の川原ではヤマメのつかみ取りブースが。ちびっ子たちが歓声を上げながら、元気なヤマメを追いかけ回しております。
    それにしても、このシュールな看板……。押井の「つかみ取り欲」を、ふつふつと掻き立るのでございました。

    古~い商店街が復活
    わさまち05

    メーン会場から続く大朝商店街も、かつての賑わいを取り戻したかのように盛り上がっておりました。古い旅館はアートギャラリーやBarに。病院だった建物では、スイーツや染物など町内で活動する作家さんたちが、フロアごとにお店を開いておりました。
    芝居小屋であった建物は、この日限定のライブハウスへ。映画の上映やライブ、科学実験アトラクションなどが開催されておりました。

    わさまち04

    毎年、趣向を凝らした手づくりイベントで賑わう「わさまち」ですが、お祭りのポスターも素晴らしいと話題でございます。こちらも、町内在住の木版画家さんの手によるもの。
    春の日差しの下、手作り感じあふれ、どなたでもWell Comeな雰囲気満点の「わさまち」を町の方とともに、楽しませていただきました。
    このお祭りと、のんびりとした雰囲気を、いつまでも大切に守り続けていただきたいと思います。

    ☆わさまち☆
    (URL)http://www.kitahiro.jp/