カンパイ!広島県 ブログ

  • カンパイ!広島県事務局

    投稿日 2020年12月28日

    押井の2020、あなたの2020

    2020年が、もすぐ終わりを迎える師走。

    個人的ではございますが、今年の記憶があまりございません。

    それほど、大変な1年間でございました。

    ばかたれーーーーーっ!!

    こちらは、新型コロナウイルス感染拡大で広島に帰省できなくなった広島の方に向けたメッセージですが、

    押井は、広島の中心で、様々な思いを胸に、思いきり叫びとうございます。

     

     

    皆さまもきっと、春夏秋冬を振り返りながら、

    まだ不安に包まれたままのような年の瀬を過ごされている方が多いのではございませんでしょうか。

    悪いことばかりだったような気がしております。

    しかしきっと、良いこともございました。

     

    春、押井はバラに心癒されに、世羅郡世羅町の、「そらの花畑 世羅高原花の森」へ行っておりました。

    7100株のバラから放たれる芳醇な香りは、マスクを着用していてもわかるほど良い香りでございました。

    大変、美しゅうございました。

    春を眺める余裕はないと思っておりましたが、きちんと春を眺めておりました。

     

     

    夏、押井は庄原市の備北丘陵公園におりました。

    たくさんのひまわりに囲まれながら、カブトムシアイスなるものを食べておりました。

    大変、美味しゅうございました。

    夏を乗り切る力がないと思っておりましたが、きちんと夏を乗り切っておりました。

     

    秋、押井は広島空港近くの三景園で行われております「もみじまつり」へ行っておりました。

    色づいた紅葉を目の前に、心穏やかに、庭園を散策。

    大変感動いたしました。

    秋の枯葉に身を包むしかないと思っておりましたが、美しい枯葉に身を包まれておりました。

     

    そして冬。押井の写真フォルダには、皆様にお見せできるような写真がございません。

    これぞ、冬に骨身をさらけだすということでございましょうか。

     

    新型コロナウイルスによって、世界は、日本は、広島は、大きく変わってしまいました。

    このウイルスは、人の命や生活を奪うことはもちろん、

    私たちの心にも多大なる影響を与える、非常にやっかいなウイルスだと押井は思っております。

     

    感染を防ぐため、人と会ってはいけない、人と集まってはいけない、人とお喋りしてはいけない。

    私たちの心と心を繋ぐ、温かいコミュニケーションが絶たれてしまったように思います。

    正直なところ、押井も非常に孤独でございました。

    1人ではないのに、1人だと感じてしまうことも多々ございました。

     

    しかし、1人ではありませぬ。

    押井の周囲には、広島県民の皆さまがいらっしゃいます。

    県内どこへ赴いても、笑顔で迎え入れ、たわいもない会話をしてくださいました。

    マスク越しでも、その笑みや、優しい声のトーンは伝わっております。

     

    そして、皆さまも1人ではございません。

    あなた様を思う誰かが、見えなくても、会えなくても、必ずいらっしゃいます。

    誰もいらっしゃらないとおっしゃるなら、押井を思い出してみられてください。

     

    来年こそは、よい年にしたいものでございますね。

     

    今日で広島が終わるさ

    今日で広島が変わる

    今日で広島が報われる

    今日で広島が始まるさ

     

    来年もまた、元気にお会いいたしましょう。

    広島県観光連盟の押井でございました!