アウトサイダーな備後・珍スポットミステリー旅

TOUR NUMBER24

このセルフ旅を教えてくれた人
櫛野 展正さん

鞆の津ミュージアムのキュレーターを経て、2016年福山に自身のアートギャラリー「クシノテラス」をオープン。「皆が見過ごしているけれど、地域に目を向けて見つけた何度も行きたくなるスポットばかりです」

潮の香り漂う
ノスタルジックな港町へ

 定番を巡るコースもいいけれど、せっかくの旅行だもの、いつもと違う規格外の旅を福山で楽しんじゃいましょう。

 午前中、JR福山駅に降り立ったらレンタカーで「おっぱい観音」へ向かいます。え?おっぱい観音なんて、聞いたことがない? 実は福山の代表的な観光地として知られる「阿伏兎観音」のこと。海の安全を祈願する観音様ですが、実は安産や子宝祈願で参拝する人も多いスポット。参拝者手作りのおっぱい絵馬がずらりと並びます。

 続いて、昔ながらの港町である鞆の町へ。まずは瀬戸内海を背景に常夜燈をパチリ。長屋が並ぶ細い道を地図もなしに歩くと、抜群の景色が楽しめるカフェがあったり、獲れたばかりの魚を網焼きでふるまうおばあちゃんに出会ったり…。ゆったり流れる時間が楽しめます。

 昼は定食店「ニューともせん」で。地元の常連客がひっきりなしに訪れるこちらの店は精肉店直営で、焼肉やトンカツなどがっつりな定食が中心。でもせっかく港町に訪れたなら新鮮な海鮮は押さえておきたい! おすすめは「刺身定食(1600円)」。魚は日によって異なりますが、この日はなんと直前まで生きていたピッチピチのタイが、尾頭付きの活造りで登場。身の内側からはじける弾力がたまりません。

ニューともせん
広島県福山市鞆町鞆425 ☎084-983-5382 11:30~14:00、17:00~21:00/日曜休

スピリチュアルな
島のパワーを
浴びまくり!

 満腹になったら、坂本龍馬の船を模した「平成いろは丸」でちょっと船旅を。向かうのは妊婦さんの形をした神秘的な島・仙酔島。「人生感が変わる宿『ここから』」の一風変わったお風呂「江戸風呂」を体験しましょう。しっかりと汗を流す3種の蒸し風呂や、不思議と体が浮く母親の胎内風呂など7つのディープな風呂が楽しめます。中でも圧巻は世界一の大天然風呂といわれる海! 海に入るなんて体が冷えちゃうんじゃないって?それが違うんです。海に浸かって空を眺めていると、いつの間にか体の芯からポカポカに。裸足で歩く砂浜もなんとも心地いい。体の中に溜まったものをしっかりと出し切って、心身ともにすっきり~!

人生感が変わる宿「ここから」
広島県福山市鞆町後地宇田ノ浦3371 ☎084-982-2111 江戸風呂日帰り入浴は10:00~18:00 (受付は~16:30) 江戸風呂日帰り入浴1836円

 そのあとは鞆の浦へ戻って今夜の宿「鞆シーサイドホテル」へ。9階にある展望喫茶では健康をテーマにしたドリンクやスウィーツがずらり。季節ごとに登場するヘルシーな「スイーツセット(540円)」をはじめ、福山市の郷土料理であるうずみごはんをモチーフにした「うずみプリン」のスイーツセット(756円)や、自分の体調に合わせてチョイスするドリンクを、絶景を前にいただきましょう。最後に願いを書いた風船を窓から飛ばすのもお忘れなく。夜はレストランでバイキングを楽しんで。運が良ければビンゴ大会にも参加できるかも。

鞆シーサイドホテル
広島県福山市鞆町鞆555 ☎084-983-5111 展望喫茶は10:00~17:00 (LO16:30) 1泊2食8100円〜

規格外の愛が生み出す
マニアックワールド

 2日目は福山市内で、これまで見たことがないアートはいかが。芸術の専門的な訓練を受けていない障がい者や高齢者などが自己流に作品を生み出したものの、未だ正当な評価を受けていないアートを取り扱うギャラリー・クシノテラスへ。8月までは、なんと死刑囚の作品ばかりを集めた展示会を開催。ルールに沿って升目を埋めていくと浮かび上がる絵や、独房で食べた味噌汁の具を記録したイラストなどなど…。これが、ニュースで知っているあの人やこの人の作品だなんて!

クシノテラス
広島県福山市花園町2-5-20-2F ☎090-2094-2652 12:00〜18:00/土~月曜・祝日のみ開館、6/11・25・26休 企画展によって料金が異なる ※営業時間、料金は~8/29(月)開催の企画展「極限芸術2 死刑囚は描く」のもの。期間以降は、企画ごとに異なる

 最後を締めくくるのは蔵王町の「貝と珊瑚の館」。「2000個くらいまでは数えていたんだけれど、もう数えるのもやめちゃって…」というほどの貝と珊瑚がぎっしり。その数、推定数万点以上。台風が去った後の沖縄へ赴いて拾った貝や、モルディブで自ら潜って採取した珊瑚などお宝ばかり。館長夫婦自らが100カ国以上で採取してきたその一つ一つには、二人の大切なエピソードが詰まっています。珊瑚と貝にどっぷりと愛を注ぐ話は貴重です!! ついついSNSに写真をアップしたくなる、備後エリアのディープな旅。旅を終えるころには、「いいね!」がいっぱいついているはず♪

貝と珊瑚の館
広島県福山市蔵王町6-5-1-12 ☎090-3632-5133 来館前に要予約/不定休 大人500円、子ども無料