ローカルフードもがっつり!絶景・多島美に酔いしれるライトトレッキング旅

TOUR NUMBER25

このセルフ旅を教えてくれた人
清政 光博さん

三原市出身。広島市中区、本と器の店『READAN DEAT』店主。本は暮らしにまつわる古書やリトルプレスを、器は毎日使いたくなるような手仕事のものを中心にセレクトする

シャッターチャンスの連続
一生忘れられない絶景旅

 三原市には瀬戸内海国立公園に指定された筆影山がそびえ立ち、〝多島美〟と言われる多くの島々を一望できる絶景スポットがあることをご存じですか? 2017年には、三原城築城450年を迎え、町全体が盛り上がりをみせています。そんな三原で、あなたも一生忘れられない景色に出会ってみましょう。

 旅の始まりは広島駅から。観光列車「瀬戸内マリンビュー」に乗車します。進行方向の右側の席に座ることをお忘れなく! 瀬戸内海をのんびり眺めることができ、特に忠海駅から三原駅にかけての景色はシャッターチャンスの連続です。JR三原駅に着いたら、日本最大規模の天主台が残る三原城天守台跡へ。石垣を愛でつつ、時間に余裕があれば、駅構内にある三原城の全容を復元したジオラマや、新幹線高架下の本丸の痕跡を見て歩くのもおすすめです。

昼食は、昭和26年創業、長年三原市民に愛される「中華そば 来々軒」へ。試行錯誤を繰り返し味を追求した醤油ラーメンはスープを一滴も残したくないほど奥深い味わい。隠れた名物メニューであるギョーザも忘れずに注文してみて。

  • 瀬戸内マリンビューで!

  • 瀬戸内海を一望!

  • 三原駅に到着

  • 三原城天主台跡

  • 石垣に注目!

  • 来々軒でラーメン

  • ギョーザも忘れず

中華そば 来々軒
広島県三原市本町1-6-8  11:00~14:00、17:00~19:00/月曜、第1・3日曜休

 さて、いよいよ多島美の感動を味わいに、筆影山へトレッキング。でもご安心あれ! 標高311メートルなので本格的な登山ではありません。まずは三原駅へ戻りましょう。と、その前に、駅前にある「ゑびす家」で三原名産のタコが入った「たこもみじ」をゲット。どんな味かは、頂上で食べるまでのお楽しみ。

バスに乗って約10分程度で「和田口」というバス停に着きます。和田方面から登るルートが、手軽なトレッキングとしては最適です。三原市街地を一望しながら、しばらく歩くと分岐点が見えてきます。ここからもう一つの多島美が見られる竜王山へも行けます。筆影山より標高が高いため、体力に自信がある方はチャレンジを!

  • ゑびす家で三原名産の

  • たこもみじゲット!

ゑびす家本店 広島県三原市城町1-8-2 ☎0848-62-5121 10:00~20:00/1/1休

  • 和田口のバス停から

  • 筆影山へ

  • 見晴らしがよくなってきた

  • 分岐点から竜王山へ

筆影山(フデカゲヤマ)・竜王山(リュウオウザン)
広島県三原市須波町・沖浦町 ☎0848-67-5877 (うきしろロビー)

 そこから約15分程歩けばついに山頂に到着です。たこもみじを食べながら芸予諸島を望む多島美を存分に堪能しましょう。春にはソメイヨシノが2000本咲き乱れます。絶景を写真に収めたら下山し、三原市で一番の老舗旅館「山根旅館」へ。割烹料理店「ひょこめ」で海と山の幸を満喫しましょう。

  • 山頂で多島美を堪能

  • 山根旅館で宿泊

山根旅館
住広島県三原市城町1-14-21 ☎0848-62-2656

  • 創業20年の老舗でランチ

  • ひょこめで山海の美味を

ひょこめ
広島県三原市城町2-2-1 第2勝原ビル1F ☎0848-67-5919 11:30~LO13:30、17:00~LO21:00/日曜休

 2日目は、お土産に三原が全国に誇る「八天堂」でくりーむパンをゲット。1泊2日、三原の絶景とグルメがギュッとつまった旅を、ぜひ!

  • お土産はくりーむパンを

  • 買いに八天堂へ

八天堂 三原港町本店
広島県三原市港町1-5-20 ☎0848-67-1077 9:00~完売まで/水曜休

  • ありがとう三原!