猫と歩く尾道日帰り路地巡り

TOUR NUMBER05

路地をさ迷い、ネコに出会う

 ペット登録数でネコがイヌを上回り、ネコ派黄金時代 (!?)突入と言われる昨今。そんなネコ派を虜にする町が尾道です。レトロな町並みや路地が残る、尾道のフォトジェニックな景色とネコのコラボは、ネコ派垂涎のシチュエーション。その魅力をあまねく堪能しましょう!

 尾道駅からツアーはスタート。徒歩で回れる程よい広さも尾道のよい所。国道から山手の路地の坂道に突入し、平安時代より続く古寺の一つ・「持光寺」へ向かいます。尾道で人気の「古寺めぐりコース」西端にあるお寺。敷地も広く、四季折々の花が咲く寺の美しさをしばし堪能。やさしい住職との会話に心癒されつつ、運が良ければ第一ネコと会えるかも! ちなみにこちらは、自分の手で「にぎり仏」を作れるお寺で、全国から多くの人が訪れるそうです。

持光寺 / 陶芸家でもある松岡住職

 さらに、迷路のような路地を登って到着したのが「ネコノテパン工場」。1人ずつしか入れない (!)、まさにネコの額ほどの小さな店内に、約20種のパンが並びます。古民家をリノベーションしたかわいい建物で、自慢の食パンやビスコッティをゲットしましょ。

ネコノテパン工場 / 一人で入るといっぱいのお店!

おいしい!
ネコみやげ ネコランチ

 古寺や展望台周り、千光寺道などでネコと戯れたら、山を下りて商店街でネコっぽいおみやげ巡り。江戸中期創業の「北前亭」で名物のちりめんをゲット。「ネコと関係ない…?」。いえいえ、ユルかわいい「親父ネコ」のパッケージが話題なのです。もちろん瀬戸内で採れたちりめんも格別! 梅・穴子・広島菜ほか13の味があり、ご飯やパスタなど万能な美味しさが喜ばれるお土産です。

北前亭のちりめん / 小さなパックはお土産に便利

 ランチは、すぐ近くの「やまねこカフェ」で日替わりの「やまねこランチ」を。自家米・玄米や尾道の食材を使った優しいごはんに、ツアー限定でネコアートラテもセットです! 地元クリエイターとのつながりが深く、レトロでアートな店内にはネコデザインもいっぱい。

やまねこカフェのやまねこランチ / 地元産の食材をふんだんに

 次に向かうは「今川玉香園茶舗」。黒ネコの缶が可愛い「尾道紅茶」がお目当てです。明治時代に山手の洋館別荘で楽しめるよう輸入し始めたという紅茶。舌の肥えた尾道人を満足させ続けてきた、豊かな風味のブレンドが自慢です。ネコだけじゃなく、尾道ならではの歴史や美味しさいっぱい。満足のお店巡りです。

今川玉香園茶舗の尾道紅茶 / フレーバーごとに違うネコデザイン

そう言えば、
なぜ尾道には
ネコが多い?

「今川玉香園茶舗」近くの新開 (しんがい)地区は昔ながらの飲み屋街なのですが、この路地裏も密かなネコスポット。昭和な景色の中でしばしネコ探索を楽しんだら、再び山手へ。「尾道大学ネコ同好会」によるネコガイドが待つ「共楽園」、通称ネコ広場へ向かいます。尾道水道一望の景色を前に、ネコ達が気ままにくつろぐ公園。人に慣れているコも多く、写真を撮ったり肉球まで堪能したいならここがベスト。他にも地元の人しか知らないネコスポットを、ガイドさんに聞いちゃいましょう!

 ところで、山手や路地裏にはなぜネコが多いのか? 尾道は、かつては多くの商船が行き交った港町。海沿いには豪商が軒を連ね、山手には濱旦那と呼ばれた商人たちの住まいや別荘、さらに彼らが寄進した多くの神社仏閣が所狭しと建て込みました。車が入れない細い路地道は、ネコたちにとって安全な住み処となり、自然とネコの町になったのだそう。戦災を免れ昔の情緒が色濃く残る町と、そこに根付いたネコ。奇跡的な巡り合わせが、ネコ派の聖地ともいえる箱庭的な町をつくっているのですね。

ネコのパワースポット
で癒される

 さあ、まだまだネコ旅は続きます。山手の坂道を東に歩くと、苔むした坂道「猫の細道」へ。この通りにある「招き猫美術館」は、ネコ派必訪。アーティスト・園山春二氏による招福招き猫絵と、彼が全国から集めた1万点もの招き猫コレクションは圧巻です。猫の細道には、園山氏が手描きで創った大小様々な「福石猫」があちこちに配され、一つ一つにいろんなご利益が込められています。まさにネコのパワースポット!

猫の細道 / 尾道中に1000体以上の福石猫が潜んでいる。すべて園山さん手づくり

招き猫美術館 / これでも、所蔵する招き猫のごく一部!

 猫の細道がある一帯は「尾道イーハトーヴ」と名付けられ、明治・大正期の別荘地の景色を残しています。古民家をリノベーションした22軒のシャトー (館)は、どこも雰囲気満点。猫雑貨店「ルシャ」でここだけのネコグッズを見つけたり、「尾道ハーブ園ブーケダルブル」では、眠るネコを見ながら景色とハーブティーを楽しんだり…。お店で飼われる猫に加え、代々棲み着くネコも多く、彼女たちが気ままに道を行き交う姿は映画のワンシーンのよう。もうこれは、カメラ必須! ネコ好きのツボをどこまでも刺激するロケーションです。

尾道ハーブ園ブーケダルブル

ルシャ / ネコ好きのツボを押さえた雑貨店

山から海から、
尾道を堪能し尽くす

 旅の締めくくりは「尾道水道クルーズ」です。尾道在住デザイナーによるペイントが施されたカワイイ船に乗船! さっきまでネコと遊んだり息を切らして歩いた尾道の山手の景色を、海から楽しみます。迫力満点の尾道大橋や造船所の巨大タンカーも堪能して、40分の船旅。爽やかな心地になったところで旅は終わりです。

 たくさんのネコとの思い出いっぱい、さらに美味しいモノも景色もおなかいっぱい。日本遺産にも選ばれた尾道の町を満腹に楽しむ、密度の濃い日帰りツアー。ネコ派はもちろん、きっとイヌ派の人も、大満足間違いなしです!