筆影山

大小の島々が海に浮かぶ
瀬戸内海屈指の多島美

標高311mの「筆影山」は、海に映る山の形が筆のように見えることから江戸時代後期の儒者・詩人だった頼山陽が命名したといわれる。山頂から望める多島美は瀬戸内海随一と称えられ、瀬戸内海国立公園の一部にも指定されている。山頂下の駐車場周辺には2000本のソメイヨシノが立ち並び、桜の名所としても有名。夏から秋はハイキング、冬は幻想的な海霧を見物するため、多くの人が訪れる。

筆影山

広島県三原市須波町

0848‐67‐5877(三原市観光案内所 うきしろロビー) 

URL http://www.mihara-kankou.com/sightseeing/1044
営業時間
定休日
駐車場 20