海上自衛隊第一術科学校・幹部候補生学校(旧海軍兵学校)

"旧海軍兵学校当時の建物が残る
貴重な建築のオンパレード"

江田島の旧海軍兵学校は、海軍将校を養成する機関として明治21(1888)年に東京の築地から移転。現在は海上自衛隊の幹部候補生学校と第1術科学校になっている。平日は1日3回、土・日曜は4回、見学時間が設けてあり、団体以外は予約なしの当日受付で無料見学が可能。大正6(1917)年に建てられた「大講堂」をはじめ、世界に名を馳せた当時の面影を残す貴重な建物たちを見て回ることができる。通称“赤レンガ”と呼ばれる幹部候補生学校庁舎は、明治26(1893)年にイギリス人の建築家が設計した建物。その裏手にあるヨーロッパを思わせるレンガ造りの回廊こそ見逃せないスポットだ。古代ギリシャの神殿を思わせる外観の教育参考館には、旧海軍関係の資料を多数展示。特攻隊員の遺書や遺品が戦争の悲惨さを伝えている。

海上自衛隊第一術科学校・幹部候補生学校(旧海軍兵学校)

広島県江田島市江田島町国有無番地

0823-42-1211 

URL http://www.mod.go.jp/msdf/onemss/
営業時間 【見学】平日10:30〜、13:00〜、15:00〜、土・日曜・祝日10:00〜、11:00〜、13:00〜、15:00〜(所要時間1時間30分、20名以上の団体は要予約)

定休日 見学休止日 年末年始(詳細はHP要確認)
駐車場 69台