三次の霧の海

朝日を受けて刻々と変化する霧の海
神々しいほど幻想的な風景に涙

秋から早春にかけて晴れた日の早朝、三次市街地を流れる3本の川から大量の霧が立ち昇り、神秘的な光景が生まれる。高い山から眺めると、三次盆地が霧に覆われ、周囲の山々が海に浮かぶ島のように見えることから“霧の海”と呼ばれている。寒くなるほど霧につやが出るため、冷え込んだ初冬の早朝が特に絶景。鑑賞スポットとして有名な高谷山展望台は、JR三次駅から車で15分の位置にあり、駐車場やトイレも完備。その他、岩屋寺や登美志山、岡田山などからも霧の海が見られる。

三次の霧の海

広島県三次市粟屋町 高谷山山頂ほか

0824-64-0066(三次市観光交流課) 

URL http://miyoshi-kankou.jp/?p=291
営業時間 <出現日時>秋から早春にかけての明け方
定休日 -
駐車場 40台