千鳥別尺のヤマザクラ

"全国的にも数少ないヤマザクラの巨樹
遠くからでも堂々とした全形が望める"

東城町の北東部にある寺ヶ成山の南東山麓、田園風景の中にそびえ立つ広島県で一番大きなヤマザクラ。樹高約27mで胸高幹囲4.6m、推定樹齢は約400年という老大木であるのに主幹が空洞化しないで健全であるのは珍しい。県の天然記念物にも指定されている。ヤマザクラは花と赤褐色の葉が同時に出るのが特徴で、江戸時代にソメイヨシノが園芸品種として登場するまでは花見の主役だった。例年、4月下旬に見頃を迎え、満開の時期にはライトアップや祭りが実施される。

千鳥別尺のヤマザクラ

広島県庄原市東城町千鳥別尺439-2

0824-75-0173(庄原市観光協会) 

URL https://www.hiroshima-kankou.com/spot/4187
営業時間 見学自由
定休日 -
駐車場 20台