福美人酒造

"優秀な杜氏を多く育成し
全国の酒造業を支えた酒蔵"

「福美人酒造」は、全国の酒造業者たちの出資により大正6(1917)年に創業。蔵の前に天高くそびえる赤レンガの煙突は、西条でも一番の高さを誇る。酒造りの技術も高く、かつては全国からたくさんの杜氏が学びに訪れ、「西条酒造学校」とも呼ばれたそう。恵比寿庫(えびすぐら)で、説明を聞きながら、おすすめの酒を試飲させてもらった。「ふっくらとした口当たりだけどキレもある!」。2つある蔵のうち、現在は主に大黒庫(だいこくぐら)で酒造りが行われている。恵比寿庫は試飲のほか、資料館の役割も果たしていて常時見学が可能。広島カープ草創期の資金難を広島県民が募金を募って救ったという、かの有名な樽募金で使われた樽も保管されている。

福美人酒造

広島県東広島市西条本町 6-21

082-423-3148 

URL http://www.fukubijin.co.jp/
営業時間 見学8:00~16:30
定休日 なし
駐車場 5台