お酒喫茶 酒泉館

レトロな"雰囲気満点の洋館で
日本酒をじっくり飲み比べ"

大正元(1912)年創業の「賀茂泉酒造」は、戦後、全国に先駆けて純米酒づくりを始めた酒蔵。純米酒とは、米と米麹、水のみで作った清酒のことをいう。賀茂泉酒造の酒は、純米酒ならではの山吹色がかった色合いをしており、米本来のまろやかな味わいとコクが特徴。そんな自慢の純米酒を堪能できるのが、敷地内にある「お酒喫茶 酒泉館」だ。昭和4(1929)年に清酒醸造場として建てられた洋館を改装した店で、常時20種以上を有料で味わえる。特に人気が高いのが、日本酒の飲み比べセット。セットは3種ほどあり、なかには、貴重な年代物の純米酒が楽しめるセットも。どの酒もグラスになみなみと注がれ、しかも非常に手頃な価格なのがうれしい。それぞれの味と香りの違いを楽しみながらチビチビ。おかみさん手作りのおつまみも素朴で粋な味わいだ。スイーツやコーヒーもあり、カフェとしても利用できる。

お酒喫茶 酒泉館

広島県東広島市西条上市町2-4 賀茂泉酒造内

082-423-2021 

URL http://www.kamoizumi.co.jp/shusenkan/index.php
営業時間 10:00~17:00 ※毎週土・日曜、祝日、毎月4日・10日のみ営業
定休日 月~金曜(毎月4日・10日は営業)、お盆、年末年始 ※祝日は休みの場合あり
座席数 テーブル13席、個室8席
駐車場 20台
カード